指導者紹介

塾長

NPO法人養神館合気道星雲塾 理事長
一般社団法人日本伝統武道協会 理事
名古屋クラブ・名城クラブ代表
古川 生伸  七段 師範
1975年に他流派に入門したが、84年に故初代宗家塩田剛三先生に心酔し、養神館に入門。星雲塾名古屋クラブを設立し指導に携わる。1996年、飯高クラブを設立。2000年には、飯高クラブの設立や総合演武大会において優勝者を出したことなど、養神館合気道の普及に務めたことが高く評価され、全日本養神館合気道連盟より精励賞を受賞。その後も名古屋市教育委員会や日本伝統武道協会などさまざまな団体から、優秀賞や功労賞などを受賞する。2003年、名城クラブを設立。
以下指導員らをはじめ、現在まで多くの塾生の指導にあたる。

 

副塾長

NPO法人養神館合気道星雲塾 事務局
名古屋クラブ・名城クラブ少年少女部クラス担当
古川 早苗  五段 師範代
子どもの頃に見たテレビドラマ「姿三四郎」に憧れ、柔道への入門を考えたが、運動神経が鈍く継続が困難だと考え、断念。1974年に他流派に入門。その後1984年に養神館に入門し、星雲塾の指導に携わる。1990年に少年少女部を設立し、以後名古屋クラブ、名城クラブの少年少女部を中心に指導する。塾長の補佐を努めながら星雲塾の運営に尽力。

 

指導者紹介

NPO法人養神館合気道星雲塾 理事
みなとクラブ代表
錦見 有恒  五段 師範代
学生時代の武道好きの先輩の紹介により、星雲塾を知る。養神館の実戦合気道という言葉に強く惹かれ、1988年に入門し、まだ発足して間もない黎明期の星雲塾を支える。1994年より指導に携わる。入門30年目を迎えた2018年、星雲塾みなとクラブを設立。第36回全日本養神館合気道総合演武大会男子自由技の部、敢闘演武賞受賞。

 

NPO法人養神館合気道星雲塾 副理事長
飛翔クラブ代表
佐藤 藍  五段 師範代
指導者である両親の星雲塾道場にて2歳の頃より合気道に親しむ。2007年より星雲塾少年少女部の指導に携わる。幼少時代から積み上げた合気道、及び9年間の小学校教員双方の経験を活かしたいと考え、2015年に星雲塾飛翔クラブを設立。名古屋クラブ、名城クラブの一般部の指導にもあたる。全日本養神館合気道総合演武大会女子基本技の部優勝をはじめ、同大会にて数々の賞を受賞。

 

NPO法人養神館合気道星雲塾 理事
飯高クラブ代表
中西 英夫  三段
実戦的な武道に憧れ、1996年、星雲塾に入門。2004年、星雲塾飯高クラブを塾長より任され、代表を務める。柔道初段、英心流居合道二段。

 

NPO法人養神館合気道星雲塾 理事
三重クラブ代表
南 隆幸  三段
体格や力の差で優劣が決まらない合気道に強く惹かれ、1996年、星雲塾に入門。2004年、星雲塾三重クラブを設立。

 

NPO法人養神館合気道星雲塾 監事
高山道場代表
都竹 基己  三段
武道を始めたいと考えていたところ、掲示されていた星雲塾のポスターが目に留まり、2005年、星雲塾に入門。2017年、星雲塾高山道場を設立。

 

ホームへ / ページの先頭へ